最高の主任会計士になるために必要な7つの会計スキル

最高の主任会計士になるために必要な7つの会計スキル

主任会計士/会計責任者、一般会計士は、新卒者だけでなく、会計専門職の「ベテラン」にとっても望ましいポジションです。このポジションに就くにはどのようなスキルが必要ですか?

1.      高い専門能力

これらは企業、銀行、金融機関において非常に高い要件であるため、まず最初に必要なのは高い専門能力です。学習とその後の業務の積み重ねの過程で、知識、経験、会計報告書の作成・提示能力、統計能力、財務分析能力、会計報告書の作成・分析能力、企業財務管理能力等が求められます。

2.      法律を理解する

法令順守リスクは会計業務や企業の運命に大きく影響するため、これは当然のことであり、非常に重要な要素です。したがって、企業法、商法などの適切な法律を調べて適用する方法を知っておく必要があります。税金、土地、手形、労働、保険、証券に関する法律。財務、会計、税務、新しい文書やポリシーに関する経験、スキル、知識を共有する記事を時間をかけて読んでください。

もっと見る  営業会計士の職務内容表

3.      パソコン、文章編集、英語に堪能な方

これらは、会計に限らず、あらゆる職業にとって 2 つの黄金の鍵です。上記のような会計職で高い地位を獲得するには、この2つの条件を満たす必要があります。仕事ではプレゼンテーション用の資料を作成することが多いため、オフィス向けのコンピューターソフト、特にデータの計算や分析を行うためのExcel、Word、テキスト編集スキルに習熟している必要があります。また、外国のパートナーや会社のメンバーとコミュニケーションをとり、文書を読み、財務報告書や会計報告書を書くことができる十分な英語力も必要です。

4.      優れた思考能力

会計は常に数字や表、複雑な計算に触れる必要がある仕事なので、特に数学的思考と論理的思考が必要です。

5.      慎重かつ誠実

会計士の仕事はお金に関係する数字を扱うことなので、たった 1 つの間違いがビジネスに予期せぬ結果を引き起こす可能性があります。したがって、仕事をするときは、常に心の中で次のスローガンを繰り返す必要があります。注意深い!注意深い!"。計算手順から、明確で読みやすい数字を書くなどの細かい部分まで注意してください。数字の「ドット」と「カンマ」が入れ替わっているということは、その値が大きく変わったことを意味します。しかし、不注意がもたらす結果は、個人的な利益を求めて意図的に間違ったことをした場合ほど深刻ではありません。もちろん、仕事をしている中で、常に 1+1=2 であれば、必ずしも「有能な」主任会計士とは言えません。規定や根拠に基づいて上手に対処してください。法的には... それは芸術です :)。しかし、まず、会計の専門職で成長するには、非常に正直な人でなければなりません。

もっと見る  在庫を棚卸する03ステップ

6.      高い仕事のプレッシャーに耐え、時間の管理方法を知っている

主任会計士、財務会計士、一般会計士の仕事は、特に月末や年末近く、会社が収益、支出、従業員の給与を集計する必要があるため、常に実践的で気が遠くなるような仕事です。 ...仕事を続けるために走らなければならないほど。したがって、この仕事を続けるには健康と精神がなければなりません。さらに、エネルギーを浪費しすぎず、無駄な時間を費やすことなく、スケジュールどおりに仕事を完了できるように、時間を適切に調整する方法を知らなければなりません。

7.      コミュニケーション能力と機敏な行動能力

この能力があれば、社内の全員と仲良くなり、部門のメンバーとうまく協力し、共感を生み出し、場合によってはビジネス パートナーを説得することが容易になります。このスキルは、キャリアパスをさらに進めるのに役立ちます。/.

「主任会計士の必須スキル」という記事が、必要なスキルを実践し、会計士になることを目指すために自分自身を振り返るのに役立つ有益な情報を提供できれば幸いです。

5/5 - (199 投票する)


コメントを残す

15 + 2 =