市税決済時の関連取引

法人税の確定時に関連当事者取引がある企業における現在の新機能は何ですか?それらの企業はどのように書類や書類を準備したり、関連する取引義務を申告したりする必要があるのでしょうか?以下では、AACS 監査が法人所得税を最終決定する際に注意すべき重要なポイントをいくつか共有したいと思います。

続きを見る : アフィリエイト取引とは何ですか? 

新しいポイント: 法人税確定時の関連取引。

1. 基本的に政令 20/2017/ND-CP (政令 20) および通達 66/2010/TT-BTC (通達 66) における「関連取引」は、基本的に関連当事者をすべて以下の関係のいずれかに基づいて定義します。

– 垂直方向と水平方向の両方の資本について(理解:一方の当事者が他方の当事者に資本を持っているか、または両方の当事者が他方の当事者に資本を持っている)。

– 管理に関して(一方の党の指導委員会のメンバーは他方の政党によって任命され、両党は同じ指導委員会メンバーを擁し、両党は互いに個人的な関係を持つ個人によって運営されます)。

– 融資(一方の当事者が他方の当事者に保証または貸付)について。

– 固定営業施設(事業所、両当事者が同じ本社または別の外国当事者の同じ恒久的施設と関係がある)に関して。

関係に関与する当事者に誰が含まれているかを明確に理解するには?詳細をご覧ください: 両当事者は提携関係にあります

もっと見る  2020年最新の個人所得課税所得10件

政令 20 号では、資本関連関係の下限レベルが 20% から 25% に引き上げられ、融資関係でも、現在の 20% (通達 66 による) から 25% (政令 20 による) に引き上げられました。

一方、通達 66 では、50% 以上の事業協力の場合には、一方の当事者の製品原価、収益、投入コストが他方の当事者との取引によって管理される契約関係が存在します。しかし、政令 20 号では、これはそれほど詳細ではなく、「実際の管理、管理、および意思決定」として広く規定されており、政令 20 号では、「形式よりも実質」を参照してください。導入する際の注意点です。

個人所得税確定時の関連取引

2. 法人所得税(CIT)決定時の損金不算入費用について

関連取引の税金費用が独立した取引の性質と一致しない場合、税務当局は関連取引の費用が発生した場合、損金不算入費用を排除します。

– 関連当事者間の取引から生じる費用は、当事者の生産活動と事業活動が相互に関連していない場合には、依然として当該期間の税金費用から控除されません。

– 支払い受取人の業務規模が取引額に見合っていない。

– 納税企業との取引において商品や資産に関連する責任を負わずに支払いを受け取る。

もっと見る   法人税確定申告書の欠損金を譲渡するにはどうすればよいですか?

– 支払いの受取人は法人税を徴収しない国の居住者です。

– ローン金利費用の場合、この金額は、ローン金利費用と減価償却費を差し引く前の純利益の 20% を超えない場合にのみ控除可能です。企業は、政令 20 号には、上記の金利コストがリンクされたローン取引にのみ適用されると明確に記載されていないため、すべてのローンの金利コストに基づいて計算されることに注意する必要があります。

したがって、企業は、信用機関または経済団体ではない融資関連会社に支払われた融資金利費用が、その時点で州銀行が発表した基本金利 150% を超えない場合にのみ控除できます。チャーターキャピタル。

3. 関連取引の価格を決定するための書類の申告及び作成について

通達 66 号または現在の政令 20 号のような法的枠組みにより、企業は関連する取引を申告し、年次 CIT 最終申告書と一緒に提出する必要があります。しかし、政令第 20 号によれば、関連取引の価格の申告および決定が免除される場合や、申告は必要だが関連取引の価格を決定するための書類の作成が免除される場合がいくつかあります。

4. 法人税確定時の関連者間取引価格決定書類の申告・提出時期

– 関連者取引の価格を決定するための文書は、年次 CIT 確定申告の時期までに作成し、保管し、要求に応じて税務当局に提供する必要があります。

もっと見る  間違って書かれた請求書回収記録フォーム

– 一連の記録には、国別記録、グローバルグループ情報記録、および最終的な親会社の国別利益報告書が含まれている必要があります。

この新しい規制により、情報量と文書作成時間の両方の点で、企業が情報を提供する責任が強化されると同時に、税務当局が取引を評価および比較するためのより多くのデータを取得できる条件が生まれます。取引。

– 企業は法律の変更を理解し、十分に備える必要があります。政令 20 号の場合、企業が取引の性質を証明し、文書の説明を含む複数レベルの文書を作成する必要があるため、関連取引を行う企業の作業は増加し、より複雑になります。税務当局の疑念を説明するための情報。企業が税務当局に説明するための関連者取引の価格を決定するための書類を作成していない場合、税務行政法の規定に従って課税対象となる可能性があります。

続きを見る : アフィリエイト取引レポート

5/5 - (290 投票する)


コメントを残す

九 − 八 =