Circular 111/2013/TT-BTC の第 25 条によると、試用契約、季節労働、3 か月未満の労働契約、または労働契約がない場合の個人所得税の計算は次のとおりです。

– 企業は、労働契約を締結していない居住者、または総所得支払い額が 3 か月未満の労働契約を締結している居住者に対して、賃金、報酬、その他の支払いを支払います。 200万VND/回から またはそれ以上 税金は 10% のレートで差し引かれる必要があります 個人への支払い前の収入に基づいて。

– 個人が上記の税率による税額控除の対象となる所得のみを持っているが、家庭の事情を差し引いた個人の推定課税所得総額が税金を支払わなければならないレベルに達していない場合、その個人には所得があることになります。コミットメント (回覧 92/2015/TT-BTC に基づくフォーム 02/CK-TNCN による) 所得支払機関が個人所得税を一時的に控除しないための根拠として使用できるようにするために、所得支払機関に送信されます。

=> 所得受取人のコミットメントに基づいて、所得を支払う組織は税金を控除しません。納税年度の終わりにも、所得支払い組織は、税控除レベルにまだ達していない個人のリストと所得を(税務管理に関する指導文書とともに発行されるフォームに記載して)作成し、税務署に提出する必要があります。当局、税務署。誓約者はその誓約に対して責任を負う必要があり、不正行為が発覚した場合には税務行政法の規定に従って処理されます。

もっと見る  2020年最新の個人所得課税所得10件

=> コミットメントを行う個人は、コミットメント時に納税登録をし、税コードを持っている必要があります。

– 季節労働者、試用契約、労働契約なし、または以下のレベルに応じた収入がある場合は 3 か月未満の契約:

a) 総収入の場合 200万未満/回または/月 そうすれば、会計士は給与を支払うときに必要なのは g だけです写真付き身分証明書を保管してください あの男の。 (添付:労働契約書、給与支払書類、タイムシート..) -> 個人所得税控除なし。

例えば: A社は従業員Aと2017年12月1日から2017年12月30日までの1ヶ月間、給与300万の試用契約を締結します。
– しかし、12 月に従業員は 15 日間しか働きません。従業員 A が受け取る給与 = 3,000,000 x 15 / 26 = 1,730,000
=> したがって、12 月には従業員 A の個人所得税は控除されません (所得が 200 万未満であるため)。

b) 合計収入が200万/回または/月の場合 そして、給与を支払うときに、会計士は 税額控除 10% 個人所得税 収入について 従業員に支払う前に。

例えば: 季節労働者を雇用して給与: 4,000,000/月、手当 500,000 を支払う場合: 支払うべき個人所得税 = (4,000,000 + 500,000) X 10% = 450,000 (責任者 従業員に支払われた総収入、控除なし)

個人所得税 aacs

約束をするための条件 フォーム02によると

1. 02/CK-TNCN を約束する個人は、次の場所に登録番号を持っている必要があります。 約束の時間。
2. 収入は1つだけ 上記税率による税額控除の対象となります。
3. 課税レベルに達していない家族控除後の合計課税所得を推定します。

もっと見る   法人税確定申告書の欠損金を譲渡するにはどうすればよいですか?

– その個人が 2 か所から収入がある場合: コミットメントを行うことはできないため、10% を控除する必要があります。

– 個人がユニットに参加する前の暦年にユニットとの契約に署名した期間が 3 か月未満である場合、これらの個人は他の場所で働いて収入を得ており、個人税コードを持っていました。当社は、12 月 15 日付回覧 No. 111/2013/TT-BTC の第 25 条第 1 項第 1 項に従い、1 回あたり 200 万 VND 以上の総所得支払いに対して 10% の税率で個人所得税を控除します。 . 財務省の2013年8月。

(2016 年 8 月 12 日付ハノイ税務局官報 53094/CT-TTHT による)

– 従業員が年間を通じて同じ収入支払組織で 1 回あたり 2,000,000 ドン以上の複数の収入がある場合、家族控除後の個人の推定課税対象合計所得が納税義務レベルに達していない場合、その個人はは、財務省の 2015 年 6 月 15 日付回覧番号 92/2015/TT-BTC とともに発行されたフォーム 02/CK-TNCN に従って約束を行うものとします。一時所得を支払う組織は、200万ドンを超える支払いごとに個人の個人所得税を差し引いていない。

– 年間を通じて、従業員が多くの収入支払機関で週 2,000,000 ドン以上の複数の収入があるにもかかわらず、家族控除後の個人の推定合計課税所得が納税義務レベルに達していない場合、その個人は納税しなければなりません。回覧番号 92/20151TT~BTC で発行されたフォーム 02/CK-TNCN に従って、各所得支払い単位で約束を行います。一時所得を支払う組織は、200万ドンを超える支払いごとに個人の個人所得税を差し引いていない。

もっと見る  2020年四半期の臨時法人所得税の計算方法

(2018年11月8日付税務総局官報4389/TCT-TNCNによる)

もっと見る:—–>> 最新の個人所得税を計算する際の注意点

財務諸表を監査する必要がある場合は、以下を参照してください。 業務監査

4/5 - (240 投票する)


コメントを残す

二十 − 18 =