移転価格レポートとは何ですか?

私。 リンクトランザクションの概念

関連取引の概念は、2017 年 2 月 24 日付けの政令 20/2017/ND-CP に準拠しており、2017 年 5 月 1 日から発効する「関連取引を行う企業の税務管理に関する規則」は次のとおりです。

「関連取引」とは、機械、設備、物品の売買、交換、レンタル、リース、借用、貸付、譲渡、譲渡、譲渡、提供など、生産および業務プロセスにおいて関連関係を有する当事者間で生じる取引をいいます。サービス;借入、融資、金融サービス、金融保証およびその他の金融商品。購入、販売、交換、賃貸、リース、借用、貸与、譲渡、譲渡、有形資産、無形資産、および相乗効果、人的資源の活用および利用における協力などの資源の共同使用に関する協定。関連当事者間でコストを共有します。

したがって、どの当事者が関連取引を行う当事者とみなされるかを規制に従って決定するには、それらの当事者は次の 6 つのグループの規制 (ポイント a -> k の 10 の基準を含む) を満たす必要があります。

 1. 資本所有関係に関する規制:

a) ある企業が、他の企業の所有者から拠出された少なくとも 25% の資本を直接的または間接的に保有している。

b) 両企業とも、所有者が出資した少なくとも 25% の資本を第三者が直接的または間接的に保有しています。

c) 一方の企業が、他方の企業の所有者の出資額の面で筆頭株主であり、直接的または間接的に他方の企業の総株式の少なくとも 10% を保有している。

2. 債務構造と債務総額との関係に関する規制

d) 企業は、融資資本が資本金 25% 以上であることを条件として、いかなる形式でも他の企業に資本を保証または貸付する(関連会社の資金源から保証された第三者からの融資および同様の性質を伴う金融取引を含む)。借入企業の所有者が出資し、借入企業の中長期債務総額の50%超を占める。

3.グループとリーダーメンバーとの関係を調整する

d) 企業が経営委員会のメンバーを任命するか、他の企業を支配する場合(ただし、最初の企業が任命するメンバーの数が経営委員会の総数の 50% を超える場合)。第二の事業。または、第 1 企業が任命したメンバーが第 2 企業の財務方針または事業運営を決定する権利を有する。

もっと見る  関連取引のある事業者に対する融資利息の新たな規制

e) 2 つの企業が 50% を超える取締役会のメンバーを擁するか、第三者によって任命された財務方針または事業運営を決定する権利を持つ取締役会のメンバーを擁する。

4. 家族間の関係に関する規定

g) 2つの事業が、夫、妻、実父、養父、実母、養母、実子、養子、実兄弟のいずれかの関係に属する個人によって、人事、財務および事業運営の面で経営または支配されている場合、実の妹、実の兄弟、義理の弟、義理の弟、義妹、義妹、祖父、祖母、孫、母方の祖父、祖母、孫、叔母、叔父、叔母、叔父、姪、甥。

5. 本部と恒久的施設との関係に関する規定

h) 本社と恒久的施設の関係にある、または両方とも外国の組織または個人の恒久的施設である 2 つの事業所。

6. 企業の支配関係に関する規定

i) 1 つ以上の企業が、その企業への個人の資本拠出または企業運営への直接参加を通じて個人によって支配されている。

k) その他、ある企業が他の企業の生産活動及び事業活動について実質的な経営及び意思決定の支配を受ける場合

 

II.申告義務と準備義務の決定 関連する取引価格を決定するための書類

当社が関連取引の当事者であるかどうかを判断した後、規定に従って申告義務を決定し、関連取引の価格を決定するための書類を作成します。

  1. 関連するトランザクションに関連するフォームを宣言します

規制に従っている場合、企業は関連取引に関連するフォームを次のように申告する義務があります。

政令第 20/2017/ND-CP の対象となる納税者は、通達第 20 号とともに発行された元のフォーム No. 03-7/TNDN に代えて、政令第 20/2017/ND-CP に規定されたフォームを申告するものとします。財務省の 2013 年 11 月 6 日付け 156/2013/TT-BTC 宣言書と一緒に提出してください 法人税の確定 No.03/TNDN、以下の通り:

Mえー番号01 提携関係および提携取引に関する情報は、この回覧とともに発行された付録 02 の詳細な指示に従います。

Mえー腫瘍番号02 国家プロフィールに提供する必要がある情報と文書のリスト。

Mえー番号03 グローバル プロファイルで提供する必要がある情報と文書のリスト。納税者は、移転価格決定ファイルに用意された情報および書類に対応する行にチェックを入れます。

Mえー番号04 世界連結収益が 18 兆 VND 以上であり、経費の指示に従って多くの国と地域で事業を展開しているベトナムの最高親会社のクロスカントリー利益報告書に関する情報を宣言します。詳細は、この回覧とともに発行された付録 03 に記載されています。

  1. 関連する取引価格を決定するための書類を準備する

関連する取引価格を決定するための文書は、毎年の法人税最終申告の時期より前に作成され、保管し、税務当局からの情報要求に応じて提示する必要があります。税務当局が納税者に対して調査または調査を行う場合、移転価格を決定するための書類の提出期限は次のとおりです。 情報要求の受領から 15 営業日以内.

納税者は、本政令第 12 条の規定に従って検査および検査を行う前の協議プロセス中に税務当局から要求された場合、移転価格決定文書に完全かつ正確で法的責任のある情報および文書を提供する責任があります。

もっと見る  アフィリエイト取引レポートの作り方

 

関連する取引価格を決定するための書類の提出期限 税務当局からの書面による要請の受領から 30 営業日以内。納税者に正当な理由がある場合、関連取引の移転価格を決定するための文書の提供期限は、有効期限から 15 営業日以内に限り 1 回延長されます。

 

したがって、納税者の最大限度額は、 45営業日 以来 税務当局から書面による要請を受け取る 関連する取引価格を決定するための文書を提供するため。

納税者の移転取引の価格を決定するための文書には、次のものが含まれます。

国の概要 関連者取引、政策、および関連者取引の価格決定方法に関する情報であり、2017 年政令第 20 号とともに発行されたフォーム番号 02 に指定された情報および文書のリストに従って納税者の本社で作成および保管されます。 /ND-CP。

グローバルプロフィール 情報リストに基づくグループのバリューチェーンにおける多国籍企業の事業活動、世界中の企業の関連者間取引の価格を決定するための方針と方法、および収益配分と活動と機能の配分に関する方針に関する情報です。政令第 20/2017/ND-CP に基づいて発行されたフォーム No. 03 に指定された文書。

納税者は、会計規則に従ってベトナムにおける納税者の財務諸表を連結する多国籍企業のグローバルプロファイルを作成および提供します。納税者が異なる多国籍企業の複数の親会社の子会社であり、納税者の財務諸表が複数の法人に統合されている場合、納税者は納税者のグローバル プロファイルを提供します。

外国にある最高親会社のクロスカントリー利益報告書のコピー 納税者の負担は、受入国の法律の規定に従って定められます。

納税者がさまざまな多国籍企業の多くの最終親会社の子会社であり、納税者の財務諸表が多くの企業の連結財務諸表の作成に使用される場合、納税者はすべての最終親会社の国別申告書のコピーを保管します。

 

納税者が納税者の納税最終期間に対応する納税期間について最高親会社のクロスカントリー利益報告書を提出できない場合、納税者は直ちにその会計年度の最高親会社のクロスカントリー利益報告書を提出しなければなりません。納税者の納税期間前にその理由を書面で説明し、納税者の移転価格決定書類に同封してください。

 

納税者が最高親会社のクロスカントリー利益報告書を提出しない場合、 納税者は移転価格決定書に同封して書面により理由を説明します。.

III. 納税者が関連取引価格を決定するための申告および書類の作成を免除されるケース

 

申告が免除されるケースと 関連する取引価格を決定するための書類作成の免除

ベトナムの法人所得税納税者である関連当事者とのみ取引が行われ、同じ法人所得税率が適用される場合、納税者は関連取引の価格の申告と決定を免除され、同じ法人所得税率が適用されます。ただし、この政令とともに発行される付録のフォーム No. 01 のセクション I およびセクション II に免除の理由を申告する必要があります。

もっと見る  関連取引の時価を決定するための書類

申告の場合ですが、 関連する取引価格を決定するための書類作成の免除

 

納税者は、この政令とともに発行される付録の書式番号 01 に従って関連取引価格を申告および決定する責任がありますが、以下の場合には関連取引価格を決定するための文書の作成は免除されます。

a.納税者は関連取引を行っていますが、納税期間中に生じた総収益は 500 億 VND 未満であり、課税期間内に発生したすべての関連取引の合計額が 300 億 VND 未満であること;

 b.価格決定方法に関する事前協定を締結した納税者は、価格決定方法に関する事前協定に関する法律に従って年次報告書を提出しなければなりません。

 

価格決定方法に関する事前協定の適用範囲内にない関連当事者取引については、納税者は本政令第 10 条の規定に従って関連当事者取引の価格を申告し決定する責任を負います。

c.納税者は単純な機能で事業を行い、無形資産の開発や使用から収益や費用を生み出さない。 収益が 2,000 億 VND 未満の場合、利息および法人税前の純利益を収益に適用します。、次のフィールドが含まれます。

 

– 配布: 5% 以上。

– 生産:10%以上。

– 加工:15%以上

 

納税者がこの時点で規定されている純利益率を適用しない場合は、規制に従って関連する取引価格を決定するための書類を作成する必要があります。

IV. 移転価格管理における税務当局の責任と権限

税務当局は価格を決定する権利を有します。利益率。利益配分率は、以下の情報に基づいて税金の申告と計算、課税期間中に関連当事者との取引を行っている納税者の課税所得または法人税の額を決定するために使用されます:税金の情報、データ、分析と評価納税者が以下の移転価格決定法違反を犯した場合の当局。

a. 納税者は、この政令とともに発行される付録の申告書番号 01 を申告しないか、不完全な情報を申告しないか、または提出しません。

b. 納税者が、本政令とともに発行される付録の書式番号 02、書式番号 03 に指定されている移転価格決定文書に不十分な情報を提供した場合、または価格決定文書に関連する取引およびデータ、伝票および文書として使用される文書を提示しなかった場合。本政令に規定されている、税務当局の要請に応じて、関連する取引価格決定書類における比較分析および価格決定の基礎を所定の期限内に提出すること。

 

c.納税者が、関連者取引の分析、比較、申告、価格決定のために、または文書、データ、証票に依存するために、真実または事実ではない独立した取引に関する情報を使用することは、違法、無効、または出所を明確に示していない関連する取引に適用される価格、利益率、または利益分配率を決定します。

 

納税者は、本政令 20 条第 11 条の関連当事者取引の価格決定に関する規定に違反しました。

書類 :

2017 年 2 月 24 日付けの政令 20/2017/ND-CP は 2017 年 5 月 1 日発効

2017 年 4 月 28 日付の回覧 41/2017/TT-BTC は 2017 年 5 月 1 日発効

4.1/5 - (115 投票する)


コメントを残す

17 − 2 =