個人所得税法 - 法律 No. 26/2012/QH13、回覧 111/2013/TT-BTC および回覧 92/TT-BTC。 

個人所得税を計算する前に注意すべきこと:

– 個人所得税の課税対象となる所得の確定時期は、所得の支払時期となります。

例えば: あなたの会社は、従業員 A の 2018 年 12 月分の給与を 2019 年 1 月 3 日に支払い、2019 年 1 月に個人所得税を計算します。

– 部分累進表に従って個人所得税を計算: 3 か月以上の労働契約を締結した居住者が対象 (多くの場所で 3 か月の契約を締結し、労働契約終了前に退職した場合を含む)。

– 完全な納税スケジュールに従って個人所得税を計算します: 労働契約に署名していない、または 3 か月未満の労働契約に署名し、合計所得支払額が 200 万 VND/回以上の居住者には税金がかかります。個人に支払う前に、収入から 10% の率で差し引かれます。

もっと見る —->> 試用期間が3か月未満の労働契約の個人所得税の計算方法

個人所得税

労働契約終了後のボーナスおよび年次有給休暇の支払いは、次の税率で課税されます。

– 労働契約を終了する場合、法定退職金(非課税)に加えて、会社がその他の福利厚生、年次休暇、賞与も従業員に支払う場合、これらの金額を計算する必要があります。個人所得税(回覧 111/2013/TT-BTC 第 2 条第 2 項).

もっと見る  3か月未満の労働契約、試用期間中の従業員に対する個人所得税

– 税控除レベルはそれに応じて適用されます 進行表現、雇用の最終月の給与で支払われた場合、または該当する場合 レシオ10%、 労働契約の終了後に支払いが行われた場合(通達 111/2013/TT-BTC 第 25 条第 1 項)。

(2017 年 8 月 10 日付ホーチミン市税務局公文書 No. 7595/CT-TTHT)

忘年会で獲得した賞品にも個人所得税が課税されます。

– したがって、会社が忘年会で従業員に景品を与える福引き制度を実施する場合、その当選金額を給与に加算して累進課税表に従って個人所得税を計算する必要があります。

(2017 年 6 月 1 日付ホーチミン市税務局官報第 4991/CT-TTHT)

3 か月未満居住する労働者の個人所得税の計算方法:

– 労働契約を締結していない、または労働契約の締結期間が 3 か月未満で、合計収入が 2,000,000 VND/回以上の居住者は、次の条件を満たさなければなりません。 控除 10% 収入を支払う前に。

例えば: あなたの会社が季節労働者を雇用し、給与が 2,500,000、手当が 200,000 である場合、次のようになります。

個人所得税は支払わなければなりません = (2,500,000 + 200,000) x 10% = 270,000 (完全な税表、総所得に基づいて計算されます)

– 個人が上記の税率による税控除の対象となる所得のみを持っているが、家庭の事情を差し引いた個人の推定課税所得総額がまだ税金を支払わなければならないレベルに達していない場合、その個人はコミットメントとして所得を得ることができます(規定による)フォーム 02/CK-TNCN) を所得支払い組織に送信し、所得支払い組織が個人所得税を控除しないための一時的な根拠として使用できるようにします。

もっと見る  2020年四半期の臨時法人所得税の計算方法

=> 所得受取人のコミットメントに基づいて、所得を支払う組織は税金を控除しません。納税年度の終わりにも、所得支払い組織は、税控除レベルにまだ達していない個人のリストと所得を(税務管理に関する指導文書とともに発行されるフォームに記載して)作成し、税務署に提出する必要があります。当局、税務署。誓約者はその誓約に対して責任を負う必要があり、不正行為が発覚した場合には税務行政法の規定に従って処理されます。

– コミットメントを行う個人は、コミットメント時に納税登録をし、税コードを持っている必要があります。

5/5 - (251 投票する)


コメントを残す

11 − 五 =