現金資金が多すぎる場合、会計士は何をすべきでしょうか?

現金資金がマイナスになったり、過剰になりすぎたりするのは、不合理かつ妥当であり、多くの義理の兄弟にとって頭の痛い問題です。なぜ会社は銀行からお金を借りて、帳簿上何十億ドンもの余分なお金を抱えていたのでしょうか?ここでの理由は何でしょうか?会計はそれをどのように処理しますか?以下の記事で答えを見つけてみましょう!

1. 会計帳簿上に仮想通貨が存在するのはなぜですか?

2 つの簿記システムを使用している企業では、実際の現金資金と帳簿上の現金資金に大きな差がある状況に遭遇することがよくあります。
※主な理由は以下のとおりです。
– 内部経費には請求書がないか、文書が無効であるため、会計士はそれらを無視し、税務台帳システムに含めません。これは、経費が存在するという事実につながりますが、税務簿にはこの経費が記載されていません。
– 企業は十分な資本を拠出していないが、会計士は依然として仮想資本拠出入力を行っている。
- 企業は顧客の債務を支払ったが、依然として債務口座に過少会計が残っている(通常、その理由は、両当事者が債務調整記録を作成しなかったことである)。
– 企業は従業員に給与を支払っていますが、その理由を説明していません。財務帳簿システムには実際の従業員全員が含まれておらず、内部で追跡しているだけであるためです(通常、部門が従業員に保険を支払いたくないため、このようにする必要があります)。
ほとんどの場合、主な理由は、企業がビジネスのインプットとアウトプットのバランスをとるために請求書を販売することです(これらは仮想収益→仮想現金資金です)。

2. 企業における仮想現金残高の扱い方

現金基金内の余剰現金のバランスを取り、削減するには、会計担当者は次のことを行う必要があります。
– 従業員の収入を増やすことで給与コストを増やしますが、この方法では個人の所得税や社会保険料を支払わなくて済むよう注意が必要です。
+ 収入 = 保険付き給与 + 保険外手当 (昼食手当、住宅手当、児童扶養手当、ガソリン代、電話代 + その他のサポートおよび手当) (通達 59/2015/TT-BLDTBXH に従い、2016 年は通達 26/ 2016/TT-BLDTBXH)。
+ 労働生産性に基づいて休日賞与や賞与のコストを引き上げます。
+ 添付書類: 労働契約書、タイムシート、完全署名のある給与支払いシート、給与および賞与規定、労働協約 (存在する場合)。
+休日および新年のボーナスの支払いについては、給与およびボーナスの規定と、ボーナスを受け取る従業員のリストが必要です。すべて従業員の署名が必要です。
– 従業員への衣装手当: 現物支出は完全に免除、現金支出の上限: 1 人あたり年間 5,000,000 ドン。
– 2,000 万未満の請求書については、銀行経由での支払いを制限し、現金で支払います。
– 請求書のない経費、または無効な請求書や書類は通常どおり会計処理されますが、法人所得税の目的で収入を決定する際には、これらの経費は差し引かれます。そして申告書には 納税 法人所得にはこれらの金額が目標B4に含まれます。
– サプライヤーに対する負債を確認し、現金で支払ったものの支払い伝票をまだ作成していないサプライヤーは、支払い伝票の作成を進める必要があります。
– 出力請求書が 2,000 万未満の場合、現金で支払った顧客は一時的に回収に投票することができ、債権購入顧客とみなされます。
– サプライヤーへの前払いが可能
– 会社の定款資本を削減しますが、この方法はあまり好ましくありません。 (ただし、定款資本が企業の実際の支出ニーズに比べて大きすぎる場合、会計士は企業の定款資本を減額する計画を提案することができます。 注:定款資本の減額手続きは企画局で行われます)および州/市への投資、および認可資本の減少によりライセンス税率が変更される場合、会計士はライセンス税申告書を作成し、翌年のライセンス税を次の日に支払うことができるように変更年の12月31日までに提出する必要があります。同料金。新規)
– 従業員の仕事を前倒しします。
– どれだけの資本が拠出され、会計処理されるかは、仮想資本の会計項目にはなりません。
– 個人への融資。ただし、企業が銀行から借りている場合、この方法は使用すべきではありません。銀行からお金を借りる企業はありませんが、他の個人に借りさせます。
4/5 - (302 投票する)
もっと見る  移転価格レポートとは何ですか?


コメントを残す

14 + 7 =