ステップ 1: 書類を収集する - このステップは会計帳簿を作成する上で最も重要なステップです。

1. 請求書類:「合法的、合理的、有効」の3原則を遵守する必要があります。

1.1.法定請求書:
– 請求書は税務当局に登録され、税務当局による発行が受理される必要があります。
– 生産施設や事業所自体が印刷する請求書は、所定の形式に従って印刷し、電子請求書フォームとして税務当局に受理される必要があります。
=> 入力請求書を受け取るリスク: 企業には実際の商品の売買取引があり、完全な財務請求書があり、請求書の価値が 2,000 万を超える場合は銀行経由での支払いはありません。物品サービスを提供する企業であって、当該物品は当該企業の事業活動の範囲内ではありません。
1.2.有効な請求書:
– 有効な請求書は慣行に準拠しているものとして理解され、請求書には次のような十分な内容、基準、要件が請求書に記載されていることを確認する必要があります。
+ 請求書の日付、月、年、購入者、販売者のフルネーム、購入会社の住所、税コード、現金での支払い方法(現金で支払う場合)、銀行振込(銀行預金で支払う場合)を明確に記載してください。
+ 注文番号、商品とサービスの名前、計算単位、数量、単価と金額、税率、VAT (ある場合)、および支払総額を請求書に明確に記載します。
+ 買い手、売り手の署名、および取締役の署名が必要です。取締役の署名がない場合は、請求書の左隅に委任状と切手が貼られている必要があります。
– 請求書は、2014 年 3 月 31 日付けの回覧番号 39/2014/TT-BTC の原則と要件に従って作成する必要があります。
1.3.合理的な請求書:
合理性について話すとき、私たちは合理的なコストについて話しています。合法かつ有効な請求書のコストだけでは十分ではなく、請求書の合理性も含める必要があります。請求書の内容は正しく、事業内容と一致しており、企業の営業ライセンスの範囲内の生産および事業活動に関連している必要があります。

2. 銀行書類

– デビットノート、支払命令書、小切手(電子送金の場合は、インターネットバンキング送金の確認が必要です)。
– クレジットノート:口座へのクレジット支払いの通知、または当社従業員の口座への支払いに関する会計伝票、または顧客からの振込伝票。
– 銀行口座伝票には次のものが含まれます。
+ 銀行補助簿。
+ 銀行取引明細書。
– 銀行文書では、多くの場合、企業の銀行を通じた販売取引またはその他の関連取引が生成されます。

3. 国家予算への支払いのための書類(電子納税または財務省への現金支払いによる)。

– 法人所得税(四半期または年に支払うべき税金が発生した場合)。
– VAT (月または四半期に発生した場合は支払う必要があります)。
– 個人所得税 (月、四半期、または年に発生したときに支払う必要があります)。

ステップ 2: 帳簿に文書を入力し、発生した経済取引の会計仕訳を通じて反映します。

請求書、銀行書類、国家予算への支払明細、給与計算表、減価償却表、配分表などは、会計帳簿の関連する勘定科目で会計処理されます。
用語に注意してください:
– 製造企業からの購入請求書は、保管用に購入することも、購入して生産工場に直接エクスポートすることもできます。購入して倉庫に保管する場合、会計担当者は原材料倉庫受領書または CCDC を作成し、倉庫受領書の品目を倉庫受領書リストに入力する必要があります。購入品に倉庫受領書がなく、生産工場に直接輸出される場合、会計担当者は、その生産工場に原材料を発行するように要求する必要があります。
- 企業の売上請求書は、帳簿上の請求書のコピー 3 に基づいており、同時に倉庫納品書を作成するための基礎としても機能します。

ステップ 3: コストの収集は、企業のコストを決定する際の重要な要素です。

– 給与表: 労働・傷病者・社会省の通達 03/2015/TT-BLDTBXH に基づく。
– 減価償却表: Circular 45/2013/TT-BTC に基づく。
– 前払い料金表。
– 在庫輸出入表、売上原価を決定するための製品原価計算表、原材料費、CCDC旧倉庫「期末平均法に基づいて計算された原価」。
+ その他の関連費用。
=> 会計費用を収集した書類に基づいて、次の順序で帳簿に費用を記録していきます。
– 給与計算 オフィススタッフおよび制作スタッフに支払われる給与の計算 借方口座 642 借方口座 622/1542 貸方口座 334
保険料控除 借方口座 642 借方口座 622/1542 借方口座 334 貸方口座 338 個人所得税控除 借方口座 334 貸方口座 3335
従業員への給与の支払い 借方口座 334 貸方口座 111/112
– 固定資産の減価償却表 事務部門の減価償却費 借方口座 642 貸方口座 214 生産部門の減価償却費 借方口座 627/1543 貸方口座 214
– 配分表 事務部門への配分 借方口座 642 貸方口座 242 生産部門への配分 借方口座 627/1543 貸方口座 242
– 製品原価計算費用の徴収 原材料費の徴収 借方口座 621/1541 貸方口座 1521 貸方口座 1522
CCDC および燃料費の徴収 (該当する場合) 借方口座 627/1543 貸方口座 1523 貸方口座 153
経費への振替 154 (Circular 200/2014/TT-BTC を使用する企業に適用) 借方口座 154 貸方口座 621 貸方口座 622 貸方口座 627
– 期間中に完成した完成品の倉庫 借方口座 155 貸方口座 154
– 輸出された半完成品の費用の徴収 借方口座 632 貸方口座 155
– エントリーの締めくくり
+ 期間内の VAT 振替 借方口座 3331 貸方口座 133
+ 収益の移転 借方口座 511 借方口座 515 借方口座 711 貸方口座 911
+ 経費の振込 借方口座 911 貸方口座 632 貸方口座 635 貸方口座 642 貸方口座 811
+ 業績の決定(企業が黒字の場合) 借方口座 911 貸方口座 421
+ 業績の決定(企業が損失を出した場合) 借方口座 421 貸方口座 911
AACS監査法人株式会社
5/5 - (198 投票する)
もっと見る  ハノイの監査サービス会社


コメントを残す

1 + 六 =