03 企業には内部監査が義務付けられています

内部監査 企業内のリスク管理活動、制御システム、および管理プロセスの有効性を評価およびチェックするという目標を達成するために。ただし、すべての企業がそうする必要があるわけではありません 内部監査.
第10条の規定による 法令 05/2019/ND-CP その場合、次のビジネスのみが必要です 内部監査:
(1) 上場企業であること。
(2) 企業 国が50%以上の定款資本を所有する親会社は、親会社-子会社モデルに従って運営されています。
(3) 国有企業は、親会社 - 子会社モデルに従って運営される親会社である。

– 企業は組織を雇用できる 独立した監査 規定に従って監査活動を行う資格がある 内部監査サービス。ただし、この雇用ケースでは、内部監査の基本原則と、政令第 5 条および第 6 条に基づく内部監査の基本原則の遵守を確保するための要件の遵守を確保する必要があります。05/2019/ND-CP。
– レンタルが完了しました 内部監査 国防部および公安部の管轄にある企業は、国防部長官および公安部長官の規定に従わなければならない。

もっと見る  2020年の財務諸表に関する罰則

内部監査

上記の企業で内部監査を実施する人に関する規制は、次の基準を満たしている必要があります。

– 関連する専攻において大卒以上の学位を取得していること 監査、完全な知識を持ち、割り当てられたフィールドについて常に最新の情報を持っています 内部監査.
– 訓練専攻で 5 年以上勤務しているか、現在勤務している部隊で 3 年以上勤務しているか、または 3 年以上勤務している 監査, 会計士 または検査官。
– 法律とビジネス運営に関する一般的な知識と理解を持っています。情報を収集、分析、評価、総合する能力を持っています。知識とスキルを持っている 内部監査.
– 経済、財務、会計管理における違反により警告レベル以上の懲戒処分を受けていない、または現在懲戒処分を受けていない。
– 企業が規定するその他の基準。

今コンタクトしてください AACS アドバイスとサポートのために。

AACS監査法人株式会社

電話: 028 66 500 381 – 携帯: 0908 381 550 (マン氏) – 携帯: 0908 688 550 (フォンさん)

Eメール: info@aacs.com.vn

5/5 - (297 投票する)


コメントを残す

1 × 2 =