07 控除費用を決定する際、費用は重要な管理の対象となります

1. 固定資産減価償却費

– 通常の固定資産の場合、資産の種類ごとに償却期間と減価償却方法は、Circular 45/2013/TT-BTC の規定に従って管理されます。
高い経済効率で経営している企業は、技術革新を迅速に行うため、定額法による減価償却率の2倍を超えない加速償却の適用が認められています。加速償却を実行する場合、企業は収益性を確保する必要があります。
– 9人乗り以下の自動車(ただし、旅客運送事業、観光事業、宿泊事業に使用する自動車、自動車事業の模型製作や試乗に使用する自動車を除く) 減価償却費は16億円相当額のみ損金に算入VND以下。

2. 原材料、資材、燃料、エネルギー、物品にかかる費用

国が基準を発行した原材料、材料、燃料の消費レベルを超える支出は、法人所得税を決定する際の損金算入には含まれません。

3. 給与および賃金への支出

申請期限が過ぎた従業員に支払われる給与、賃金、手当の支出 納税 企業が翌年の給与資金を補う積立金を設定しない限り、実際に未支出の年は損金算入されません。年間積立金レベルは企業によって決定されますが、導入された給与基金の 17% を超えてはなりません。
給与規定の制定は、設立後に企業が損失を被らないようにする必要があり、企業が損失を被った場合、17% の全額を控除することはできません。

4. 労働者の衣服にお金をかける

従業員の衣服にかかる金銭的費用は、1 人あたり年間 500 万 VND を超えない場合、法人所得税を決定する際の控除対象費用に含まれます。

5. 任意年金基金への拠出、任意年金保険、生命保険、その他従業員向け保険への加入

任意年金基金への拠出、任意年金保険の購入、および従業員の生命保険にかかる支出は、月あたり 1 人あたり 300 万 VND を超えず、決定された時点で控除対象費用に含まれます。 法人税.
社会保険および健康保険に関する法律で定められた超過額は、社会保障基金(社会保険、強制補足年金保険)および保険基金に充当されますが、従業員の医療費や雇用保険の基金は、以下の場合には控除対象外となります。法人税を決定します。
注: 任意年金基金、社会保障基金、任意年金保険の購入、および従業員の生命保険への支払いは、限度額を超えないことに加えて、控除対象経費に含まれます。また、規則では、いずれかの条件および給付水準も指定する必要があります。以下の書類: 労働契約書;集団労働協約。企業、法人、グループの財務規制。賞与規定は、当社および株式会社の財務規程に基づき、取締役会長、取締役社長および取締役が定めるものとします。

6. ローン利息支払い費用

信用機関や経済団体ではない団体からの融資の場合、支払われる金利は融資時にベトナム国家銀行が発表した基本金利の150%を超えてはなりません。

7.従業員に直接支払われる福利厚生費

従業員に対する直接福利厚生支出の総額は、企業の課税年度に実際に支払われた平均給与の 1 か月分を超えてはなりません。
上記は、会計士が企業で働くときに常に処理しなければならない最も一般的な7つの経費です。管理レベルが明確に指定されているため、会計担当者は作業プロセスでのエラーを減らすことができます。 納税 CIT。

ご不明な点がございましたら、すぐにご連絡ください AACS アドバイスとサポートのために。

もっと見る  ナムディンの監査サービス会社

AACS監査法人株式会社

電話: 028 66 500 381 – 携帯電話: 0908 381 550 (Manh 氏) – 携帯電話: 0908 688 550 (Ms Phuong)

電子メール: info@aacs.com.vn

 

4/5 - (278 投票する)


コメントを残す

10 + 14 =