2020年四半期の暫定法人所得税の計算方法

指示する 法人税の計算方法 2020 年の最新の改正法人税法に従って四半期ごとに暫定的に計算されます。
CIT 2020 に関する現在の規制によれば、企業は四半期ごとに CIT の暫定申告を行う必要はなくなりますが、暫定的に金額を計算し、その暫定番号 (存在する場合) に従って支払うだけで済みます。その後、年末に CIT 確定申告書を作成します。
ここで、 AACS 会計士向けに、四半期の法人税を一時的に計算する方法を説明します。

1.課税期間内に支払う法人税額は、課税所得に次の額を乗じた金額となります。 容量。

支払う法人税は次の計算式に従って決定されます。
納付すべき法人所得税=課税所得×法人税率
企業が科学技術開発基金を充当する場合、支払う法人税は次のように定められます。
法人税の納付額=(課税所得-科学技術資金の充当額(ある場合))×法人税率
  • 科学技術資金の充当 (ある場合): 年間課税所得の最大控除額 10%。
  • : 2020 年の法人税率は 20% (収益レベルに関係なく)
 特別: 2020 年については、2020 年の総収益が 2,000 億 VND を超えない企業は、2020 年に支払うべき法人所得税が 30% 減額されます。

課税所得の決定:

1. 当期の課税所得 税金の計算は、規定に従って、課税所得から非課税所得および前年からの繰越欠損金を差し引いて決定されます。
課税所得は次の計算式に従って決定されます。
課税所得 = 課税所得 – (非課税所得 + 規定に基づく繰越欠損金)

2. 課税所得

課税期間における課税所得には、商品、サービスの生産および取引による所得、その他の所得が含まれます。
課税期間中の課税所得は次のように決定されます。

課税所得 = 収入 – 控除対象経費 + その他の所得
注意 : 多くの異なる税率を適用する多くの生産および事業活動を行う企業は、各活動の収入に対応する税率を乗じて個別に計算する必要があります。
a、収益
課税所得を計算するための収益は、回収した収益に関係なく、企業が受け取る権利のある補助金、追加料金、追加料金を含む、商品の販売、加工手数料、およびサービス提供料からのすべての収益と決定されます。
– 税控除法を使用して付加価値税を支払っている企業の場合、収益には付加価値税は含まれません。
– 直接法を使用して付加価値税を支払う企業の場合、付加価値は付加価値税を含む収益となります。
b、控除対象経費
課税所得を決定する際の控除対象費用は、企業の生産および事業活動に関連して発生した実際の費用です。法律の規定に従って企業の国防および安全保障任務を遂行するための支出。法律で規定されている十分な請求書と書類を用意してください。 2,000 万 VND 以上の商品やサービスの購入ごとの請求書には、法律の規定に従って、現金以外の支払い書類が必要ない場合を除き、現金以外の支払い書類が必要です。
ただし、法人税の計算時に控除できない実際の経費や文書化された経費も数多くあります。
3. 損失は規定に従って繰越されます
4. 非課税所得: このような種類の収入はまれであり、一部の非常に特殊なビジネスに当てはまります。
詳細記事:「法人税の計算時に免除される所得項目」をここで読むことができます。
4/5 - (245 投票する)


コメントを残す

18 − 16 =