2019 年労働法によれば、次のように規定されています。
2021 年 1 月 1 日以降、季節労働契約の余地はなくなりました。労働契約は 2 種類のみ存在します: 有期労働契約と有期労働契約
この規制は、従業員を保護し、雇用主が次の形式に署名することで「法律を回避」し、従業員に社会保険を支払わない状況を制限するための労働法の大きな進歩と考えられています: 季節契約およびサービス契約...
では、派遣労働契約ではない場合、どのような契約が社会保険の加入対象外となるのでしょうか?

人件費ソリューション 2021。

企業は労働契約を結ぶ代わりに、個人とサービス提供契約を結ぶことに切り替わります。
現在、多くの企業は、従業員に対する社会保険、健康保険、失業保険の義務を回避するため、また労働法で定められた法的責任を負うことを回避するために、労働契約を結ぶ代わりにサービス提供契約に署名するよう従業員に提案しています。 。
では、企業と従業員(個人)の間でサービス契約を結ぶことは合法なのでしょうか?
契約がサービス契約であるか労働契約であるかは、「契約の名称」ではなく、契約当事者間の関係の定義、法的根拠、実務上の問題に基づいて決定されます。
具体的には、この法律には次のような規定があります。

労働契約:

2019 年労働法第 13 条は、「労働契約とは、有給雇用、賃金、労働条件、労働関係における各当事者の権利と義務に関する従業員と雇用主との間の合意である。」と規定しています。
2019 年労働法第 3.5 条は、次のように規定しています。「労働関係とは、従業員、雇用主、代表組織、当事者および所管の国家機関の代表者の間で、雇用、労働力の使用、および賃金の支払いにおいて生じる社会関係を指します。労働関係には、個別的労働関係と集団的労働関係があります。
2019 年労働法第 3.1 条では、次のように規定されています。「従業員とは、契約に従って雇用主のために働き、給与を支払われ、次のような義務を負う者です」 1TP5マネジメント, #動作中, 1TP5モニタリング 雇用主の。
従業員の最低労働年齢は 15 歳であり、労働契約に基づいて働くことができます。

サービス契約:

2015 年民法第 513 条は、「サービス契約は、サービスプロバイダーがサービスを雇う人のために仕事を遂行し、サービスを雇う人はサービスの代金を支払わなければならないという当事者間の合意です。サービスをサービスプロバイダーに提供する」と規定しています。
2005 年商法第 3.9 条は次のように規定しています。「サービスの提供は商業活動であり、一方の当事者 (以下、サービスプロバイダーと呼びます) は、他方の当事者のためにサービスを実行し、支払いを受け取る義務があります。サービス利用者(以下、顧客)は、サービス提供者に対して料金を支払い、契約に従いサービスを利用する義務があります。
上記の規定から、労働契約とサービス契約の定義は非常に似ており、区別するのが難しいことがわかります(両方とも当事者と従業員/サービスプロバイダーの間の合意です。両方とも当事者と従業員/サービスプロバイダーの間の合意です)プロバイダー)、金額を受け取ります)。したがって、契約がサービス契約であるか労働契約であるかを判断することは、必ずしも単純明快であるとは限りません。
労働紛争が発生した場合、裁判所は以下の法的根拠と実務上の問題に基づいて、企業と個人の間の契約が労働契約であるかサービス契約であるかを判断します。
法的根拠:
– 従業員は企業の管理および管理の対象となります
私たちが見ることができる根本的な違いの 1 つは、従業員は常に「雇用主の管理および管理の対象となる」のに対し、サービス提供者は必ずしも義務を負わないことです。
ただし、多くの場合、サービスプロバイダーは依然としてサービス利用者からの要件に従う義務があるため(契約合意およびサービスの種類に応じて)、そのため区別することが難しい場合があります。この義務は「」の義務と似ています。労働関係においては、「使用者の管理及び運営に服すること」とされています。

個人が企業とサービス契約を結ぶことは許可されていますか?

ビジネスを登録していない個人には、通常、サービスを提供する権利がありません。
2005 年商法第 3.1 条は、「商業活動とは、商品の売買、サービスの提供、投資、貿易の促進、およびその他の利益を目的とした活動を含む、利益を上げることを目的とした活動である」と規定しています。したがって、営利を目的としたサービスの提供は商業活動の一種であり、この商業活動は2005年商法および関連法令を遵守する必要があります(2005年商法第4条1項)。
2005 年商法第 2.3 条によれば、「登録を必要とせずに独立して定期的に商業的に活動する個人」の場合を除き、すべての商業活動は登録事業を行う業者によって実行されなければなりません。これらの除外事項は政令 39/2007/ND-CP に具体的にリストされており、主に「靴磨き、宝くじの販売、鍵の修理、車の修理、ハウスキーピング」などの小規模なサービスが含まれます (駐車場、洗車、ヘアカット、塗装など)。 、写真撮影およびその他のサービス(固定場所の有無にかかわらず)」であり、この小売サービスプロバイダーを通じて商業活動を行う個人はトレーダーと呼ばれます。
従業員を雇用する必要がある企業の場合と比較すると、企業は上記のような小規模なサービスを定期的に提供するために個人を雇用しているのではなく、必要な活動を実行するために個人を雇用していることは明らかです。そして資格。
ただし、このような専門知識や資格を必要とする活動については、労働法が定める労働関係の形式ではなく、商法が定める商業活動として個人が行うことを許可されるためには、規制に従って事業者登録を取得する必要があります。
5/5 - (124 投票する)


コメントを残す

19 − 17 =